お薦め作品

誘惑の女教師
肉罠に堕ちた少年

リアルドリーム文庫4
著:茶瓶
絵:辰波要徳

保育士の秘蜜
〜優しい顔と夜の顔〜

リアルドリーム文庫180
著:伊吹泰郎
絵:藍沢ちひろ

純朴女子校生は
オヤジ色に染められて

リアルドリーム文庫178
著:空蝉
絵:もり苔

人妻フルコース
〜熟れ頃・食べ頃・味見頃〜

リアルドリーム文庫108
著:芳川葵
絵:asagiri

湯けむり下宿の艶尻お姉さんたち
リアルドリーム文庫63
著:庵乃音人
絵:翔丸

ラインナップ一覧

作品紹介

妊活妻は夫の父にほだされて……

リアルドリーム文庫 202

妊活妻は夫の父にほだされて……
小説:空蝉/挿絵:夏鈴糖
2021年5月21日発売

文庫サイズ 288ページ

定価 790円(本体718円+税10%)
ISBN978-4-7992-1494-7
 

夫との子供が欲しいと考えていた人妻・沙耶は、

仕事を休職して妊活に励んでいた。

そんな折、夫の父が骨折し一緒に住むことに。

お風呂やトイレで介助される際、

互いに触れ合う身体を意識してしまい……。

「私、お義父さんじゃないとダメなんです……」



アマゾンでのご購入はこちら!



 
電子版はこちら!

登場人物

●間宮沙耶(まみやさや)
子供好きで三十歳を前に妊活のため、保育士の仕事を休職中。
夫が自分ほどには子作りに執心していないのは
性的に淡白であることも起因しているのではと考え、思い悩んでいる。

●間宮修(まみやおさむ)
自身はまだ若いこともあり、子作りを急ぐ妻に気後れしている。
性格はひたすらに優しく、見た目も相まって線が細く感じられるが芯は強い。

●間宮徹次(まみやてつじ)
修の父で江戸っ子。
鳶職の親方で仕事には厳しいが公私ともに面倒見がよく、老若男女に慕われる。
べらんめぇ口調だが男気があり、気遣いのできる好々爺。
 

目次

プロローグ

第一章 夫婦の妊活

第二章 入浴介助

第三章 淫夢

第四章 夫の父にほだされて

第五章 温泉宿での交わり

エピローグ

特典情報


メロンブックス各店様にて
お買い上げの方に先着で
メロンブックス特典SSシート
をプレゼント!
メロンブックスのホームページはこちら!

※数に限りがございますので品切れの際はご容赦ください。


とらのあな各店様にて
お買い上げの方に先着で
とらのあな特典イラストカード
をプレゼント!
とらのあなのホームページはこちら!

※数に限りがございますので品切れの際はご容赦ください。

本文内容紹介


(恥ずかしくて、顔から火が出そうだわ。あぁ、でも、でもこれぇっ……)
 願った通りの展開に、女体は膣壁を蠢かせ、歓迎の意を表すことで応じた。
(これが欲しかったのォッ)
 遠慮していたのが馬鹿らしく思えるほどの、甘美な痺れと疼き。肉の悦びが膣内に敷き詰められていく。
「胸が疼いてきたら自分で弄るんだ」
 舌愛撫を一旦止めて、舅が告げた。その息遣いに煽られ、蜜に濡れた恥毛が靡く。くすぐったさによじれるよりも先に、愛撫中断による飢えが股間を見舞った。
「〜〜っっ、わかりました、から、あぁ、もっと舐めてっ、お願いィィっ」
 訴えを舅が聞いてくれるまでの繋ぎとして、言われた通りに自らの手で胸を揉む。ブラジャー越しの刺激では物足らず、逸る手でホックを外す。ブラを布団の脇に放り投げると、即座に乳肉を揉み潰す勢いで指をうずめた。
(はぁ、ァ……いい……胸も、気持ちぃ……っ!)
 舅ほどではないにしろ力ずくの圧迫による悦が胸に轟く。圧に合わせて形を変える自分の乳を見下ろすと、被虐的な悦びまでもが到来する。乳房の柔らかさと深さ、それを弄ぶ楽しさを、今さらながら知った。
「いいぞ、沙耶さん。もっと、あんたのはしたない姿を見せてくれ」
 夜這いした時同様の血走った目と、けだものじみた息遣いを携えて、舅の舌が再び躍った。音立てて啜られた恥肉が悦びに震えたのもつかの間。目一杯に突き入った舌肉に膣襞肉がまさぐられる。
(これ……! そうよ、この感じ……っ!)
 夜這いされ、指で穿られた時のことを思い出し、期待孕んだ膣洞全体が収縮した。
 してほしいことを伝える。そうすることで、より気持ちよくなれる。
 学んだばかりの方程式が、すんなりと心身に溶けこみ、声を上げさせた。
「はぁっあァ……おっ、お腹の中まさぐられる感じっ、好きっ、好きです……!」
 まみれた恥悦を、自ら乳房を捏ねくることで増長させる。
 乳首を摘ままれ身動きの取れない双乳の代わりに、下腹部が小刻みに震えた。その波に乗って、汗が臍穴へと垂れる。


※紹介文とイラストは一致しない場合があります。