>>戻る
 
サンダークラップス! 淫獄の四天使
小説:羽沢向一 挿絵:カワギシケイタロウ
 
ヒーローチーム「サンダークラップス」
正義の名の下に悪と闘ってきた彼女たちは
犯罪者の罠によって淫獄の虜囚と化す
搾乳にうずく肉体、肛虐に燃え上がる欲望
調教、3P、浣腸、強制レズ……
終わりなき陵辱が、天使を黒く染めてゆく
 
サンダークラップス! 淫獄の四天使
 
電子版ご購入はこちらから!

 

『サンダークラップス』シリーズ一覧

あらすじ
別の地球、別の日本。
そこには、オフビート犯罪

――さまざまな超能力に覚醒した超人たちの起こす犯罪――
に対抗すべく結成された、正義のスーパーヒーロー集団が存在した。
その名は「サンダークラップス」。
フレア、スターサンダー、オセロット、ローズデバイスの四人の女性によって構成された、華麗なるヒロイン集団である。
ある時、脱獄したオフビート犯罪者を捕らえるために出動したフレアは、同じ出自を持つ謎の女の罠によって囚われの身となってしまう。
ふたなり、搾乳、肛虐、調教、強制レズ、3P……。
フレアを皮切りに次々と捕らわれ、獣人、サイボーグ、ゾンビ、果ては魔物にまで犯されてゆく四天使たち!
’NAFF SAID!
 
二次元ドリームノベルズ015
発行:マイクロマガジン
ISBN4-89637-015-5 C0293
定価:本体890円+税
 
立ち読み
※Web公開用に修正を大きくしてあります。
 
「さあ、燦よ、自分を支配する肉の悦楽に身をまかせろ。
すばらしい未来が待っている」
「いやだ、あんっ……おまえの言葉など、はあっ、絶対に聞かない……
わたしは正義の、あっ、な、なに!?」
燦ははっきりと感じた。右胸の内側で起こった異変を。
揉まれ、つままれ、しゃぶられる乳房の中で、ドクドクと何かが脈打っている。
脈動は一秒毎に大きくなり、外からの刺激に対抗するように内側から胸を圧迫する。
「あ、ああ、なに、んんっ、なにか、なにかくる!」
その圧迫感がまた内と外から同時に揉まれているような大きな快感を呼び、乳首がさらに硬くなる。
「くるう! なにか、きちゃううっ! ああっ、右胸が破裂するうっ!!」
乳房が破裂したと感じた瞬間、乳首から胸の奥へ灼熱する鉄串を打ちこまれたような凄絶な快楽が走る。
そして、ジョイにつままれた右胸の乳首の先端から白い液体が噴出した。
「ひぐっ、ひいいいっっ!」
液体はまっすぐに一メートルあまりも飛び、床に白い筋を描く。

本文中より抜粋

抜粋文とイラストは一致しない場合があります。
 
 
1つ前のページに戻る
 
KTCトップページへ戻る